頭寒足熱で安眠を

頭寒足熱で安眠を

 

こんな経験はありませんか?

 

 

なんだか足元や腰がホカホカしていたので、ふと睡魔に襲われ、目的地の駅を乗り過ごしそうになってしまい、慌ててしまった。

 

 

実はこれは当然のことです。

 

 

電車の中は、軽い揺れもあってゆりかごのような効果もありますし、脳が心地良く冷えている一方で、足元が温かいと眠りやすさの環境が整うからです。つまり頭寒足熱は、健康だけではなく、安眠効果も高いのです。

 

 

睡眠を安眠に変えたい場合は、この頭寒足熱の基本を守ってみるだけでも、かなり効果が出てきます。なかなか寝付けない、眠りが浅い、何度も起きてしまうという悩みがある方の多くは足元が冷えていることも多いからです。

 

 

そこで睡眠時には締め付けのない靴下で足を温めてもいいですし(今は睡眠用靴下もあります)、身体が心から温まる飲み物を飲んでから就寝するようにしても、効果があります。

 

 

髪は乾かしてから眠りましょう

 

 

また足の先が冷えているようであれば、軽いストレッチで血流を活発にさせると、足元の冷えが収まり、眠りやすさを作ることができます。

 

 

ですから髪を守るナイトキャップなども保温効果よりも、髪の乾燥や乱れを防ぐ目的であれば十分いいわけです。頭を温めるのではなく、軽く心地良い涼しさを与えておくことが大事だからです。

 

 

とはいえども、シャンプー後の濡れたままの髪では眠るべきではありません。この場合では髪から冷えすぎてしまいますし、また髪も傷んでしまいます。髪は乾かしてから眠りましょう。

 

 

頭寒足熱というのは基本ですが、あくまでも「心地良い」という基準を守ってください。

 

 

心地良く頭を冷やしながら、足は心地良く温めることで安眠効果が出てきます。睡眠に問題を抱えているとしても、専門医や薬に頼るほどではない場合、この頭寒足熱で多くの場合、安眠が得られます。