スペシャルケアは気が向いたときで十分

スペシャルケアは気が向いたときで十分

スキンケアは継続がキモです。

 

しかしながらスペシャルケアを行ったほうがいい場合もあります。とはいえ、これは別に「義務」ではありません。

 

多くの美容記事は

 

「一週間に一度はスペシャルケアを」

 

と提示していることがありますが、絶対に行わなければならないことではありません。

 

強いて言えば、日焼けを急激にしてしまって、肌がヤケド寸前の状態にあるときに鎮静効果のある化粧水をローションパックにするくらいしか、「義務」的なことはないのです。

 

ディープクレンジングも日本人が好んでいるスキンケアですが、毎日のクレンジングが丁寧であれば、それほど必要ではないのです。

 

意外とゆっくりバスタブに浸かった状態で、汗をたっぷりかく方が自然と毛穴の汚れが取れていくこともあります。

 

保湿は確かにスキンケアの基本ですが、化粧水を重ねづけしてあげるだけでも、肌のうるおいは回復していきます。

 

また自分の肌のコンディションに合わないスペシャルケアは肌の負担にもなります。

 

「今日はちょっと時間もあるし、手間をかけてみようかな?」

 

と思ったときに、時間をかけてパックしたり、マッサージをしてみるだけでも、本当は良いのです。

 

 

費用に余裕があるなら、良心的なエステサロンに任せて

 

 

心に余裕がないときはデイリーなスキンケアをきっちり行って、早めに寝るほうが、現実的には肌には好ましいのです。

 

時間の余裕、心の余裕があってこそ、結果が出てくるのがスペシャルケアです。モデルや女優のように、隙が見られないほど美しくなければならない職業の方であっても、これは当てはまっています。

 

もしも少々、費用に余裕があるなら、良心的なエステサロンに任せてしまっても良いでしょう。

 

お手入れを行ってくれるのはプロなのですから、必要なことを集中して行ってくれるはずです。

 

そういう「美しさをお金で買う」のは有意義だと言えます。