省略して良いステップはどんどん省く

省略して良いステップはどんどん省く

スキンケアが面倒になってしまうのは、ステップを踏んでいかなければならないからではないでしょうか。

 

クレンジングは省くことが出来ないステップですが、拭き取りタイプを選んでおけば、洗顔と言うステップは省けます。

 

このようにスキンケアで面倒に思うものはどんどん省いてもかまいません。

 

クレンジングを終えてからのスキンケアで化粧水が面倒であれば、すぐに美容液でもかまわないというわけです。

 

つまりスキンケアのステップの仕分けを行っても、肌は負担が減って、逆にコンディションが良くなることもあるほどなのです。

 

乾燥にお悩みであっても、皮脂の過剰分泌にお悩みであっても、保湿は欠かせませんが、その保湿方法が保湿効果の高いシートマスクで済ませてしまってもいいのです。

 

この場合、化粧水を省けます。

 

肌のコンディションによってはクリームや乳液、オイルもカサつきやすい部分だけにつけるだけで十分です。

 

また目の周りのシワが気になるときだけアイクリームを使うというように、普段のスキンケアでは省いても問題がないものも少なくはありません。

 

自分なりに肌のコンディションを把握しておく

 

 

本当に毎日、手間をかけている方も少なくはありませんが、肌のお手入れが苦痛になるほど疲れている場合、クレンジングとクリームや乳液、オイルだけで十分肌は回復できます。

 

ですから自分の肌を触ったり、鏡で見て、「今日はこのステップは省ける」と判断して、用意しておいても、使わない化粧品があってもいいわけです。

 

毎日のことなので、体調が変わるように、肌のコンディションも変わります。すると不要なものもでてくるのです。

 

メイクが軽ければ、洗顔を2回行えば落とすこともできます。これは極端な例ではありますが、自分なりに肌のコンディションを把握しておくと、スキンケアの仕分けが出来るようになります。