自分だけの「特効薬」を持つべし

自分だけの「特効薬」を持つべし

 

スキンケアというと数多くのステップが必要に感じる方もいるでしょう。

 

ところが肌のタイプによっては、極力、ステップを減らす方があっている方もいます。

 

クレンジングと洗顔の後、自分の肌に本当にしっくりくる化粧水を丹念に与えるだけのほうが肌のコンディションが安定する、という方もいます。

 

こうした方の意見では

 

肌が出来ないのは自分で汚れを落とすことだけで、不足した水分を与えてあげれば、皮脂が適度に出るようになる

 

ということです。

 

しかしこのようなシンプル極まりないスキンケアに徹している方も、乾燥が酷くなったときには、肌に負担の少ない軽いつけ心地のオイルを乾燥の特に気になる部分にだけつけるそうです。

 

いわばこのオイルがその方にとっては、「特効薬」なのです。

 

オイルが当てはまる場合もありますし、高濃度ビタミンCの美容液がそれになるかもしれません。

 

「特効薬」になるのは、化粧品だけではありません。

 

安眠できる工夫を凝らした睡眠であったり、ゆっくりと過ごすバスタイムのような習慣になる場合もあります。

 

 

使って満足感のあるもの、行って満足感を与えてくれる習慣

 

 

スキンケアのことを気遣うのもいいのですが、あまりにも集中し過ぎると、嫌になる瞬間も出てきます。

 

ですから普段は簡略させたステップでも良いのではないでしょうか。

 

その代わりに肌の不調が訪れたときに、「特効薬」になるものや方法を身につけておく、用意しておくと、安心感が生まれます。

 

あえて高級なクリームを奮発して用意しておき、普段は使わず、ちょっと気が向いたときに使ったときの満足感が美肌にしてくれることもあるくらいです。

 

使って満足感のあるもの、行って満足感を与えてくれる習慣は、厳しく決めたステップよりも効果があります。

 

工夫してどういうタイミングで使うか、行うか、も把握しておくと良いですね。

 

自分を満足させる要素があるだけで、肌が回復することが多くあるのです。

 

それを見つけて、おくというのも、気楽になれる方法になります。